取り巻く環境・問題

取り巻く環境・問題

近年、高齢化や単身者増加など世帯構造の変化に伴い、大型量販店だけでなくコンビニエンスストアでの野菜販売が増加するなど、小売りでの販売形態が多様化しています。
また、卸売市場への野菜の入荷量は日々変動するため、それら小売りによる中長期的な販売計画には対応出来ず、結果として小売りと生産者との直接取引が増加するなど『野菜の流れ』が複雑化。小売りによる『野菜の安定供給』ニーズに対し、地域内に限定した野菜流通では需要量を確保出来ない、または余ってしまう状況が日々発生しています。