営業部

日本全国の野菜需給バランスを安定化

トレードの中核事業である野菜転送事業では、日本全国の卸売市場間で野菜の取引を行っています。
約20品目の野菜をチームで分け、其々の営業がエリア別に2~3品目を担当し、営業部全体で1日あたり約6万ケース・600tの野菜を取引しています。
毎朝6時から全国の卸売会社を対象に、その日の需要に対して「何がどれだけ足りない?余っている?」等を電話で情報収集し、一日の仕入れ・販売計画を組み立てます。
取引が最も活発な時間は午前8時~12時、随時チーム内で情報を共有しながら状況を瞬時に判断するスピードと的確に判断力が求められます。2台の電話機を駆使し複数の商談を同時に行うなど、まるで証券取引のようにスピーディーなやり取りが特徴です。

営業部の仕事の流れ

営業部の仕事の流れ